保育士まーママの節約育児ダイアリー

保育士をしながら、豊かな暮らしに憧れる2人の子供のママです。

【トイレトレーニング】支援センターでトイトレについて聞いたこと

暖かい時期になってくると、トイレトレーニングを始めようと思う家庭も多いのではないでしょうか。

 

私も長女のトイトレは夏頃から始めました。

 

2〜3年前に、近所の支援センターでトイレトレーニングについてのお話しが無料であったので、参加しました!

 

今回は、その時、聞いたお話についてお話していきます。

 

 

 

トイレトレーニングに悩むママは多い

f:id:kanemotikaka:20200516022130j:image

まず、はじめにびっくりしたのが、

無料というのもあり、参加されてるママさんがめちゃくちゃ多かったことです!

 

こんなにもトイレトレーニングで悩んだり、聞きたいママが多いんだ!

 

 

とびっくりしたのを覚えています。

 

でも、トイトレって、かなり大変で根気がいるので、少しでも良い情報があれば知りたいですよね!

 

私も保育士として、保育園で子供たちをトイレトレーニングさせていましたが、

保育園には子供用のトイレがあり、失敗してしまっても、

他の保育士もいるので、連携しながらフォローすることができる!

 

子供たちがトイトレするのに適した環境があるのが、当たり前ですよね!

 

でも家庭では、トイレは大人用…大きいし高いしで補助便座に座っても足はブラブラ。

 

子供が失敗してしまったら、場所によっては大惨事!!

 

洗い物がたくさん!

 

掃除がたくさん!

 

そんなことをしてる間に、また子供が危ないことをしていたり、イヤイヤ期でグズグズになっていたり…

 

私は家庭でのトイトレの大変さを経験して、これはママたち悩むなぁと思いました。

 

 

専門家の意見

 

家庭でトイトレをするのが大変なので、みんな講義を聞きにきているのですが、

 

講義の先生のお話は、

 

まず子供の排尿感覚を知る

多分、短期間で集中的にトイトレする方法だと思いますが、

子供にトレーニングパンツではなく、普通の幼児用パンツを履かせて過ごします。

そして、漏らされても良いように、カーペットなど敷かず、

漏らされたらダメなものを置かないようにして環境を整えます。

 

そして、子供がおしっこした時間を、その都度、メモしていきます。

 

そうすることで、排尿する時間の感覚を知ることができます。

 

 

排尿のタイミングを見てトイレに連れて行く

 

子供の排尿時間をメモして、子供の排尿感覚がわかったら、

だいたい、いつ頃排尿するのかわかるので、そのタイミングでトイレに連れていきます。

 

それを繰り返すことによって、子供はトイレに行くタイミングを覚えていきます。

 

 

 

家庭や子供によってトイトレのやり方は違う

 

簡単に説明しましたが、上記のやり方のトイトレをお勧めされていました!

 

このやり方だと、短期間で出来る可能性がありますね!

 

しかし、私は個人的にこのやり方は、私には出来ないかなと思ってしまいました。

 

パンツで過ごすことによって子供も不快感から、

トイレに行くようになりますし、短期間で出来るかもしれませんが、

漏らされたりしても大丈夫なように環境や根気がいります。

 

少しパンツを履かせてやってみましたが、私がイライラしてしまい断念しました。

 

多分このやり方ですぐにトイトレ完了できる方が楽!

 

と感じる方もいると思うので、こればかりは、子供とママの合うか合わないかだと思います。

 

 

我が家の場合は、長い目で見て、少しづつ出来るようにしました。

 

私の精神面でも、その方が良かったです。

 

時間はかかりますが、ストレスなくできる方が良いと思いました。

 

 

 

我が家で活躍したトイトレグッズ

 

我が家の場合ではアンパンマンの補助便座を購入しました。

 

 

 

 

おまるにもなり、補助便座にもなり、踏み台にもなるので、重宝しました。

踏み台は今でも洗面台で使っていて便利です。

 

 

トイトレ中はトレーニングパンツにパットを敷いていました。

 

外出先でもパットを取り換えるだけで大丈夫なので、楽です。

そして、だいぶ子供もトイレに行くタイミングがつかめてきたら、トレパンのみにして、完全にトイトレ完了になったらパンツにしました。

 

 

女の子は好きなキャラだと好んで履くことが多いと思います。

 

個人的にこのトレパンめっちゃ可愛いと思います♡

 

このやり方で、娘は年少さんの入園までには、完全にトイトレ完了していました。

しかし、幼稚園に入園してからは、間に合わなかったり我慢してしまったりで失敗することも少なくなかったです。

 

 

 

まとめ

 

支援センターでトイトレについてお話を聞いてきましたが、悪魔でも一つの方法なんだなと改めて感じました。

絶対その方法が、家庭に合うとは限りません。

でも、お話を聞くことによって、トイトレの方法の種類、知識が増えるのでいろんな選択肢ができます。

 

選択肢がたくさんあると、子供の様子によっても臨機応変に対応できるので、こんな方法もあるんだ!と、たくさん経験談や無料の講義など参加して聞くことはメリットがあると思いました。

 

他の事比べてしまったり、不安になったり焦ってしまいがちですが、子供もママもできるだけストレスなくトイトレできたらいいなと思います。

 

 

トイトレの過去記事はこちら

 

www.kosodatehoiku.com